泉州労山 大阪泉州地域の山の会

お助け4点セット

お助け4点セットについて

泉州労山では、安全な山行を行う為、日帰り山行でも、緊急用の装備として、以下のスリング3本・カラビナ・補助ロープ・ツエルト(簡易テント)を携帯する様にしています。通称、お助け4点セットと呼んでいます。
  1. スリング3本以上(テープスリング1本、φ5㎜細引きスリング60cm、80cm)
  2. カラビナ3個以上(安全環付大きめの物1個、カラビナ2個以上
  3. 補助ロープ10m又は20m(リーダーは20m以上を持参する事、φ7㎜)
  4. ツエルト(簡易テント)横になって目ることの出来るサイズ以上
    総重量:800~900gになります。

otasuke

スリングについて
テープスリング(赤)
120cm~150cmの縫い付けてあるものでもOK、簡易チェストハーネスとして利用するので、幅の広いテープの方が良い。

細引きスリング(緑、青)
補助ロープが7㎜なので、5㎜60cm&80cm。

カラビナ
一番上が安全環付きのカラビナですが、懸垂下降時りムンターヒッチを使用する時には大きな、洋ナシ型の上記のような形状のものが使い易い。
下の2個は物をはさみゲートを開けていますが、一番下のカラビナは出入り口に、溝がありロープの出し入れ時引っかかりやすく上から3番目のタイプがお勧めです。

補助ロープ
細引きの切り売りφ7~8㎜程度のナイロンロープ、パーティでは太さをそろえ、色は変えることが大切です。リーダーは20mのロープを持つべきです。

ツエルト
横になって休めるサイズが必要、緊急時寝ることが出来るサイズであればビバーク時楽であり、搬出時タンカ用の布としても使用できる。

Pocket

PAGETOP
Copyright © 泉州勤労者山岳会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.